福祉用具貸与事業者向け統合ASPソフト OMISレンタルサービス:福祉用具貸与・用品販売・住宅改修の3つの業務が全部できる基幹機能と強力な営業支援(SFA)機能が一つになった福祉用具貸与事業者向けの統合ASPソフトOMISレンタルサービス無料お試し版

“サービス”タグの付いているブログ記事

マスター作成内容

2008年9月19日 yu0620 |

 OMISレンタルサービス

各種マスターの準備
OMISレンタルサービスを最初から円滑に軌道にのせて運用するため
には、マスターデーターの準備は非常に重要です。
必要なマスターについては、当社より雛形をお送りしたり、EXCEL・
CSV形式などで利用者データや、事業者データ、ケアマネ
データがある場合は、サービス開始前にデータベースにマスターデータを事
前にセットさせていただきます。そして、マスターの不備や不足分をお客様
とやり取りしながら、サービス開始がスムーズに行えるかどうかのテスト準
備を当社で行います。

サービス開始までに作成・移行するマスターデータの種類
  利用者のデータ、事業者データ、ケアマネデータ、商品マスター(福祉用具
貸与・用品販売・住宅改修)保険者マスター、会社情報、支払銀行口座、
社員マスター、仕入先マスターメーカーマ スタ、売上・利益目標マスター、
日報行動マスターなどマスター内容は、サービス開始後自分でメンテナンス
することが、可能です。

 ※顧客データなどでどうしても移行したい内容がある場合は、ご相談ください。

   ※売上に該当するデータにつきましては、当社で作成することはできません.
  


 

導入決定から本格稼動まで

2008年9月19日 yu0620 |

OMISレンタルサービス

サービス導入から定着までの流れ。
導入後最初の1ヶ月程度で伝票作成などの日常的な業務についての操作は理解
  され、本格的に稼動します。国保連の請求及び国保審査決定、国保入金処理に
  関しては、月1回の処理で あるため、実際に自力で完璧に処理を行なえるまで
  数ヶ月かかります。また伝票作成が、理解され順調に起動に乗ってきた時点で
  営業日報や営業マネージメントを利用していくのが、順調な流れとなります。
 サービスを開始してから全ての機能を使いこなすまで、会社によりますが、
 約3ヶ月~半年程度かかるのが平均的です。OMISレンタルサービス開始月の
 継続中の福祉用具貸与の伝票入力は少し大変ですが、サービス開始後、翌月か
 らの事務作業はレンタルの継続分は、自動的に作成されていきますので、新規

 分のみの入力となるため入力量は、大幅に少なくなります。

※サービス開始月にレンタル継続中の実績内容は、入力する必要が有ります。


    

OMIS( OPEN Manegement Integration Service)

2008年9月19日 yu0620 |

OPEN(オープンソースを活用・ユーザー参加)・Manegement
(経営視点重視)・Integration(統合システム)・Service
(サービスとして提供)

H2OPEN.png


   1.OPEN(オープンソース)を活用
     一般的に業務システムを利用する場合は、さまざまなライセンス費用が
     生じます。たとえば、マイクロソフトやオラクルなどの商用製品を使用し
     た場合、データベースライセンス・サーバーライセンス・接続ライセンスなど
     が使用する台数に応じて必要となり、数万から数百万がシステムの費
     用とは別に発生します。しかしOMISレンタルサービスでは、オープンソースを活
     用することで、お客様のライセンス負担をなくしました。

  サービスで使用している主なオープンソース
     ①.FIREBIRD(データベース)
     日本での知名度は少ないのですが、世界的にはオープンソースのデー
  タベースでは2番目に使用されているデータベースです。基は商用版
  のINTERBASEが、オープンソース可したもので、非常に信頼性も高く
  高性能なデータべースです。 FIREBIRD
  対象商用製品(オラクル、SQLサーバー、DB2など)
     ②LINUX(LAN・WANバージョンの際に使用するサーバーです。)
     商用製品(WINDOWSSERVER・UNIX)

  2.利用者の声や要望をオープンに取入れる
     OMISレンタルサービスでは、お客様に使っていただきながら日々システム
  を改善成長させることで、使いやすい役立つサービスに成長させ続けます。

H2MANEGEMENT.png

Manegement(経営)を重視
一般的な福祉用具貸与業務システムは、部分的な業務の省力化が役割です。
   たとえば,国保連に請求データを作成することや、請求書を作成するなどが
   、一般的な機能に。なります。OMISレンタルサービスでは、業務はもちろん
 より簡単にこなせますが、より重視しているのが会社全体の視点で、どう
 やったらお客様が増やせるか、売上を伸ばせるか、つまり人・物・金を効率
 よく使えるかといった経営判断の手助けをするためのManegement支援機能を
 重視しています。

  H2INTEGRATION.png

 全社的な高度な業務の統合をシステムにより実現
    OMISレンタルではサービスでは、福祉用具貸与・用品販売・住宅改修の
  3つの業務を連携させ1 つのサービスに統合しています。統合により顧客
  情報の共有化が可能となり、同じ内容を何度も転記する必要がありません。
  また断片的でばらばらであった情報が統合されることで、全社の現状がさ
  まざまな視点でリアルタイムで詳しく把握できます。

H2SERVICE.png

 
なぜ所有からサービスという形でご提供させていただくのか?
      理由1.OMISレンタルサービスは、成長するサービスです。
         介護保険制度の変更に迅速に対応する必要があります。OMISレンタル
         では、介護保険制度の変更があった場合に迅速にサービス内容を修正
          し、システムをアップデートさせることで、いつでも安心したサー
          ビスの提供が可能です。

       理由2.導入コストが非常に低い
         システムを新規に独自に開発する場合、非常にコストと時間がかかり
    ます(OMISレンタルサービスと同様のシステムを独自に開発しようと
   すると、数千万円から億単位の開発コストがかかります)。OMISレンタ
   ルサービスでは、料金体系を月額のサービス料金とすること
   で、導 入しやすい金額で、高度な機能を利用することが可能になります。

  理由3. 運用管理・サポートをアウトソーシングできる。
   OMISレンタルサービスは、統合基幹システムであるために、できる
   機能も非常に多機能です。また、福祉用具貸与の国保連の請求・審査
   業務は月に1回しか 発生しないため、操作方法を1度に全部覚える
   ことはなかなか大変です。またOMISレンタルサービスでは、統合基幹
   システムであるため、データのバックアップ はいざというときのため
   に非常に重要です。コンピュータやサーバが壊れた場合でも、迅速に
   サービス使用を再開する必要があります。 以上の理由から、コンピュ
   ーターに詳しい人が社内にいない中でシステムを自前で管理・運営する
   ことは、人的リソースや技術面などでコストも手間も経験も必要であり
   自前で維持し続事が、かなか困難です。そこで、OMISレンタルでは運用
   に関するトータルサポ ートをサービスとして提供することで、お客様は
   安心してサービスを利用することが可能になります。