福祉用具貸与事業者向け統合ASPソフト OMISレンタルサービス:福祉用具貸与・用品販売・住宅改修の3つの業務が全部できる基幹機能と強力な営業支援(SFA)機能が一つになった福祉用具貸与事業者向けの統合ASPソフトOMISレンタルサービス無料お試し版

“サポート”タグの付いているブログ記事

4ヶ月間の事務サポート

2008年9月19日 yu0620 |

OMISレンタルサービス
通常の伝票作成や入金処理などは毎日発生しますが、福祉用具貸与の
審査決定伝送処理や過誤申請・過誤決定処理は、月1度しか発生しません。
そこで導入後4ヶ月間は福祉用具貸与の国保連の請求・審査決定の実際のオ
 ペレーション時に電話もしくは、オンラインサポートを使ってお客様と画面を共有
 を行い操作方法を遠隔サポートします。

導入時の直接講習

2008年9月19日 yu0620 |

OMISレンタルサービス
初期導入コースでB.安心スタートを選択した場合
 導入時は、3日間お客さま企業に伺いサービス導入講習を実施します。
  講習内容は、営業担当向け、経理担当向け、管理者向けに時間を分けて
 サービス講習を行います。
 
講習内容

営業担当者向けの講習  
       1.伝票入力講習
     伝票(福祉用具貸与・用品販売・住宅改修)の作成から日常的な福祉用具
     貸与の管理(福祉用具貸与終了・休止・再開・引上管理・モニタリング)
     についての講習を行います。
 
       2.営業支援(SFA)機能講習
       営業日報作成・顧客管理・実施計画作成(営業計画)スケジュール
       機能見込情報管理の講習を行います。

  経理・事務担当者向け講習
        1国保請求・国保審査決定・国保入金処理・利用者請求書発行
        国保連への請求・審査・入金・過誤請求の月のタイムスケジュール
        に沿った流れで実際の操作オペレーションを講習します。
        (模擬データを使って、月の流れに沿ったオペレーションを体験)
      
        2用品・住宅改修伝票の請求書発行・売上伝票修正・入金処理・訂正
        用品販売・住宅改修伝票の修正・請求書発行・入金処理について講習
        (模擬データを使って、オペレーションを体験)
      
        3.買掛システムのオペレーション説明
      入庫検収・支払処理・仕入先別締処理

        4.会計データ連携・会計データの修正方法と考え方についての講習

        5.各種マスターのメンテナンスについての講習
      社員マスター・商品マスタ-およびその他のマスターについての
         追加・変更・削除講習

  管理者・経営者向けの講習
   1.経営マネージメントモニターについての、各種集計の説明

        2.営業日報チエックについての講習
   
       3.実施計画の承認についての講習
    
       4.利用者損金承認についての講習

  全共通機能の講習(全員)
     1.顧客カード(利用者・ケアマネ・事業者)

     2.メールシステムの使い方、役割について

マスター作成内容

2008年9月19日 yu0620 |

 OMISレンタルサービス

各種マスターの準備
OMISレンタルサービスを最初から円滑に軌道にのせて運用するため
には、マスターデーターの準備は非常に重要です。
必要なマスターについては、当社より雛形をお送りしたり、EXCEL・
CSV形式などで利用者データや、事業者データ、ケアマネ
データがある場合は、サービス開始前にデータベースにマスターデータを事
前にセットさせていただきます。そして、マスターの不備や不足分をお客様
とやり取りしながら、サービス開始がスムーズに行えるかどうかのテスト準
備を当社で行います。

サービス開始までに作成・移行するマスターデータの種類
  利用者のデータ、事業者データ、ケアマネデータ、商品マスター(福祉用具
貸与・用品販売・住宅改修)保険者マスター、会社情報、支払銀行口座、
社員マスター、仕入先マスターメーカーマ スタ、売上・利益目標マスター、
日報行動マスターなどマスター内容は、サービス開始後自分でメンテナンス
することが、可能です。

 ※顧客データなどでどうしても移行したい内容がある場合は、ご相談ください。

   ※売上に該当するデータにつきましては、当社で作成することはできません.
  


 

導入決定から本格稼動まで

2008年9月19日 yu0620 |

OMISレンタルサービス

サービス導入から定着までの流れ。
導入後最初の1ヶ月程度で伝票作成などの日常的な業務についての操作は理解
  され、本格的に稼動します。国保連の請求及び国保審査決定、国保入金処理に
  関しては、月1回の処理で あるため、実際に自力で完璧に処理を行なえるまで
  数ヶ月かかります。また伝票作成が、理解され順調に起動に乗ってきた時点で
  営業日報や営業マネージメントを利用していくのが、順調な流れとなります。
 サービスを開始してから全ての機能を使いこなすまで、会社によりますが、
 約3ヶ月~半年程度かかるのが平均的です。OMISレンタルサービス開始月の
 継続中の福祉用具貸与の伝票入力は少し大変ですが、サービス開始後、翌月か
 らの事務作業はレンタルの継続分は、自動的に作成されていきますので、新規

 分のみの入力となるため入力量は、大幅に少なくなります。

※サービス開始月にレンタル継続中の実績内容は、入力する必要が有ります。