福祉用具貸与事業者向け統合ASPソフト OMISレンタルサービス:福祉用具貸与・用品販売・住宅改修の3つの業務が全部できる基幹機能と強力な営業支援(SFA)機能が一つになった福祉用具貸与事業者向けの統合ASPソフトOMISレンタルサービス無料お試し版
  • ホーム
  • ケアマネージャーの信頼をどのように獲得するか

ケアマネージャーの信頼をどのように獲得するか

2011年1月28日 yu0620 |

2.ケアマネージャーの信頼をどのように獲得するか

福祉用具貸与事業者にどのような点をケアマネージャが期待しているか考えてみましょう。ケアマネージャーは、非常に多くの仕事を抱えています。福祉用具貸与事業者には、福祉用具の分野は自分の代わりに任せたいと考えているはずです。つまりちゃんと適度に報告すること、自分の目耳の代わりとなって利用者様を見てくれることを期待しております。福祉用具貸与は、非常に書類や報告書が多いため自分の記憶とアナログ作業中心でちゃんと管理できる人数は、非常に少ないのではないでしょうか。きちんと対応しているつもりでもケアマネージャーは、敏感に管理が行き届かなくなってきたことを察知して他の福祉用具貸与事業者へ利用者を依頼されるとなり利用者数がふえません。一番重要な事は、利用者人数が増えてもケアマージャーの信頼を勝ち得つずけることです。

  OMISレンタルサービスでのサポート機能

        OMISレンタルサービスでは、ケアマネージャーに対する報告書が、いろいろな局面に応じてで簡単に出力される仕組みがあります。 また認定期限切れや介護保険の申請中や休止など特に注意が必要な利用者様の情報が、ピックアップ表示されています。そのために利用者の人数が増えてきた場合でもちゃんと利用者を管理できます。 また事業者やケアマネージャーごとの顧客管理がしっかりできるのでケアマネージャーごとのニーズや、以降を記録していくことで各ケアマネージャーにあった個別対応が、可能になります。またスマートフォンやIPADOMISレンタルサービスと連携させることによりの組み合わせでより迅速な対応が可能になります。

  結論

  多数の利用者をちゃんと管理できる仕組みが会社にないと信頼を勝ち得ることは難しい。つまりちゃんと利用者を管理できる仕組みがあるかどうかが一番重要である。