福祉用具貸与事業者向け統合ASPソフト OMISレンタルサービス:福祉用具貸与・用品販売・住宅改修の3つの業務が全部できる基幹機能と強力な営業支援(SFA)機能が一つになった福祉用具貸与事業者向けの統合ASPソフトOMISレンタルサービス無料お試し版

1.導入前の疑問(Q&A)

2008年9月19日 yu0620 |

Q1.ERP(統合基幹システム)とは、なんですか?
 A1.Enterprise Resource Planningの頭文字をとったものです。
 日本語訳としては「企業資源計画」となる。企業は、経営資源である自社の
 「ヒト、モノ、カネ」を最適に配分・管理・運用することで、利益の最大化
 を図ることを活動の目的としている。ERPは経営資源を、部門を越えて企業
 全体で最適化する手法・概念をさす。ERPを実現するための情報基盤をERPシス
 テムといい、ERPシステムを具現化するパッケージソフトウェア製品を「ERP
 パッケージ」と呼ぶ。近年、「ERP」というと「ERPパッケージ」をさす場合が
 多い。ERPパッケージの機能は統合データベースを介して、企業活動全体を
 有機的に結合することと言えます。OMISレンタルサービスでは、福祉用具貸与
 事業者向けに特化したERPサービスです。

Q2.SFA(営業支援システム)とは何ですか?
  A2 営業活動を効果的に行い、売上を伸ばす支援をする仕組みです。
  具体的には、営業担当者が営業日報を作成し、上司が内容を承認したり
  アドバイスする機能や、営業日報を細かく分析する機能、営業担当者の
  スケジュール管理機能、営業活動の中で見つけた見込み情報や顧客情報
  から、来月の営業計画を立案し進捗情報の管理をする実施計画機能が
  有ります。


Q3.今までの顧客データは、どうなるのですか?
  A3.サービス導入前に導入準備としてマスターデータの作成を行います。
 顧客情報は、特に重要な情報ですので、できる限り正確な内容を新サービス
 に移行します。最初に正確な情報が、マスターにセットされることで、サー
 ビス開始後のデータの正確性や、入力の手間が、大きく違いますので、当社
 では、データの移行を非常に重視しています。マスター移行について

Q4.入力が大変そう
 
A4 実際に直接入力する項目は少ないです。
  福祉用具貸与で国保連に請求するため入力に必要な項目はたくさんあります
  しかし、OMISレンタルサービスでは、最初に一度顧客データを登録すると、
 次回からは登録内容を呼び出すだけで 基本情報の転記ができますので、用品
 販売や住宅改修の伝票作成は、簡単で短時間で入力できます。
 また規定の項目は参照テーブルとなっているので手間も少なく入力ミスも防げ
 ます 。福祉用具貸与では、サービス開始時に入力を行なうと、翌月からの入力
 は、新規福祉用具貸与発生分と、継続中の休 止 や終了処理分のみとなります。
 従って導入翌月以降の伝票作成数は非常に少なくなります。


 Q5.こんな機能がたくさんあるけど、全部覚えなきゃいけないの                      
  A5. 機能を全部覚える必要はありません。
  営業担当者は 営業部分、事務は事務・会計部分、管理者は管理部分
  の機能を覚えて徐々にOMISレンタルサービスを使って行くうちに 、
  自然に全体像が見えてきていつの間にか使いこなせるように全体が、
 使いこなせるなって います。
  
 
Q6.難しそう。当社にはコンピューターに詳しい人はいないんだけど
 A6 心配ありません。みなさんすぐに使いこなしています。普段ワード
 やエクセルを使用している方でしたら問題なく利用できます。

  いざというときは、しっかりオンラインサポートします。
   導入サポート(有料)をご利用ください。OMISレンタルサービスでは
   介護保険の請求ルールがシステムに入っているため、コンピュータや
   介護保険にあまり詳しくなくても画面が警告してくれる為、正確な
   請求データが作成できます。コンピュータを使って、普段ワードや
   エクセルを利用している方であれば問題なくサービスを十分使いこな
   せるようになります。 また、問題が発生した場合は、オンラインで
   診断し対応しますのでコンピュータに詳しい人がいなくても十分運用
   が可能です。

Q7. サービス導入時、継続中の福祉用具貸与の実績は、どうなりますか?
 A7.事前に実績データ・伝送データをお預かりすることで8割程度データの以降ができます。
 事前に伝送データ・その他データをお預かりすることで、スタート時には、
  8割がたデータがすでに移行された状態でサービスが利用できます。