福祉用具貸与事業者向け統合ASPソフト OMISレンタルサービス:福祉用具貸与・用品販売・住宅改修の3つの業務が全部できる基幹機能と強力な営業支援(SFA)機能が一つになった福祉用具貸与事業者向けの統合ASPソフトOMISレンタルサービス無料お試し版
  • ホーム
  • 導入決定から本格稼動まで

導入決定から本格稼動まで

2008年9月19日 yu0620 |

OMISレンタルサービス

サービス導入から定着までの流れ。
導入後最初の1ヶ月程度で伝票作成などの日常的な業務についての操作は理解
  され、本格的に稼動します。国保連の請求及び国保審査決定、国保入金処理に
  関しては、月1回の処理で あるため、実際に自力で完璧に処理を行なえるまで
  数ヶ月かかります。また伝票作成が、理解され順調に起動に乗ってきた時点で
  営業日報や営業マネージメントを利用していくのが、順調な流れとなります。
 サービスを開始してから全ての機能を使いこなすまで、会社によりますが、
 約3ヶ月?半年程度かかるのが平均的です。OMISレンタルサービス開始月の
 継続中の福祉用具貸与の伝票入力は少し大変ですが、サービス開始後、翌月か
 らの事務作業はレンタルの継続分は、自動的に作成されていきますので、新規

 分のみの入力となるため入力量は、大幅に少なくなります。

※サービス開始月にレンタル継続中の実績内容は、入力する必要が有ります。